【 絵本作家 になりたい 8 】

【 絵本作家 になりたい 8 】

絵本の文と絵とを違う人がかいている場合に「作・絵」という表記を見かけることがありますが、それは間違っています。

文を担当した人は「文」、絵を担当した人は「絵」ですから、正しくは「文・絵」です。絵も文も同一人物が描いた場合のみ「作」という表記になるはずですが、絵本業界がその表記の統一をあいまいにしたまま今まで来てしまっています。

ですから絵を描いたことがない文章作家の事までも絵本作家と呼んでしまう混乱が生じてしまっています。 そういう視点で現在流通している絵本を見てみると、想像以上に絵本作家による絵本が少ないことに驚かされます。 ここで問題です。

ある文章作家が依頼されて絵本の文を書き、ある絵本画家が依頼されて絵本の絵を描いて出来た絵本、その絵本の本当の作者は誰になるのでしょうか?

【 絵本にはまだまだ秘められたポテンシャルがある 】 



*********************

「えほんみち」は、あなたを絵本作家にする

最短距離を教えます。http://ehonmichi.com/

自費出版サポートします|集文社
http://shubunsha.net/news/pubulish/

*********************