【 絵本作家 になりたい 16 】

【 絵本作家 になりたい 16 】

ある絵本作家のエッセイを読みました。

彼はいまや代表作が35万部の売れっ子絵本作家ですが、もともとは好きな女の子を振り向かせるために絵本作家を目指し、息子を喜ばせるために作った絵本でメジャーになっていきました。

彼が絵本作家になると決めてからメジャーになるまでの努力には眼を見張るものがあり感心してしまいます。 と同時に物凄く申し訳ない気持ちになりました。

と言うのも、僕がこの「えほんみち」の活動をもっと早くに始めていたなら、彼はここまで遠回りをしなくて済んだかもしれないからです。

【 絵本にはまだまだ秘められたポテンシャルがある 】 



*********************

「えほんみち」は、あなたを絵本作家にする

最短距離を教えます。http://ehonmichi.com/

自費出版サポートします|集文社
http://shubunsha.net/news/pubulish/

*********************