【ご報告】取材頂きました|リライズ・ニュースさん

リライズ・ニュース 稲垣 美和さんに取材頂きました。
いまはやりの note.me に記事を公開頂きました、ありがたく、嬉しく、流石はプロの方なので上手にまとめて頂きました。御礼とともに共有・ご報告させて頂きます。


「日本中のお母さんが皆笑顔になる道づくり」集文社代表 早川裕さん

稲垣 美和 2019/05/12 19:13

絵本の出版社「集文社」を経営するなか新人絵本オーディションやえほんみち絵本講座を運営されている早川裕さんにお話を伺いました。

集文社・えほんみちの早川です!

集文社・えほんみちの早川です!

記者 本日は、よろしくお願いします。 早川裕さん(以下、早川) よろしくお願いします。 日本中のお母さんを笑顔にする

Q:どのような夢やビジョンをお持ちですか?

早川 私のゴールは実は、日本中のお母さんを笑顔にすることなんです。今の日本のお母さん方の悩みの50%以上はわが子が学校でどういう評価を得られるかどうかだと思うんですよ。今の学校で評価されることは、記憶力がいいということと情報処理能力が早いということです。ところが、情報処理能力と記憶力は1995年以降実は大事じゃなくなっちゃったんですよ。パソコンがやってくれるから。これからAI時代になっていくなかで、結局AIは集約した情報で物事を判断するんですよね。過去人間がやってきたものあるいは入力したものを基準に動くわけでそれ以外のものは絶対にできない。ということは、今までやらなかったこと思いつかなかったことを見つけてやるしか人間がやるべきことはない。

AI時代に向けて、我が子をどういう風に育てたらいいかと言うと、我が子が今夢中になっていること、それをとことん好きにやらせる、それ以外に今までの人類がやってこなかったことをやる人間は生まれないんですよ。

生涯学習教室に小学生を入れちゃえばいいと思っています。サッカー教室・パソコン教室、料理教室など。子どものことにかかわりたい大人はいるから、そういう人たちと無理なくマッチングさせたい。これが35年前からずっと考えてきた「小学生が毎日伸び伸びと暮らせる環境づくり」の結論なんです。

★続きはこちらからどうぞ! ⇒ リライズ・ニュースさんnote

絵本を勉強したい! 興味がある! 方はまずご覧ください! 仲間とともに学びましょう!
続々と修了生の皆さんが出版をされています!

★特別視聴公開中!★非公開で受講者だけに公開している実際の講座動画を体験できます!★
えほんみち第2回絵本講座:第1回目20160707

えほんみち 」は学びから編集・出版、そして販売までご一緒します!

【ご案内】ペーパークラフトの集文社 inお台場

【 ペーパークラフトの集文社 】

集文社は絵本作家を育てて出版する活動のほか、ペーパークラフトの出版社という顔も持っています。

お台場ビーナスフォートにあるA.D.NEEL(エーディーニール)というショップでそのペーパークラフトを展示販売しています。

集文社の比較的取り組みやすいペーパークラフトを中心に並んでいます。

先月オープンしたばかりのこのA.D.NEELというお店、大変ユニークな商品ばかり展示していて見ていて本当に飽きないです。

お台場ビーナスフォー|A.D.NEELHP: https://www.adneel.com/

ペーパークラフトの集文社inA.D.NEEL-1 ペーパークラフトの集文社inA.D.NEEL-2 ペーパークラフトの集文社inA.D.NEEL-3

【告知】移転しました 2018/04/16

株式会社集文社は、
4月16日(月)より上記に移転いたしました。
TEL/FAXは変更ありません。

〒160-0022東京都新宿区新宿1-2-1-407

今後とも、宜しくお願い申し上げます。

※旧住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-26-5 代々木シティホームズ910

【ご案内】集文社絵本出版情報

年内の集文社、絵本出版のご案内です。

おちたらワニにたべられる!(2017年12月下旬発売!)
詳細はこちらをクリック!

--------------------------

集文社の最終目標は「子どももお母さんも常に笑いあっている世の中をつくること」
自費出版 絵本講座 ペーパークラフト をサポートしています!

【絵本BLOG】ある方のお葬式に行きました

ある方のお葬式に行きました。

その方とは30年以上のお付き合いで、出版社の営業をされながら絵本を描いていた方でした。
その方は1冊だけ絵本を出版することが出来たのですがあとが続きません。絵本を描くことにもっと時間を割くため、その方は思い切って出版社をやめ別の仕事に就かれました。
しかしその新しい仕事も激務だったためその後絵本を描くことからはどんどん遠ざかってしまわれたようでした。

お葬式には思い出の品々が展示されていました。
展示された品々の中で一番目立つように置かれていたのは、出版されたその絵本でした。
それを見た瞬間私は「あれから新たな絵本は出版できなかったけれども、1冊でも出版できた絵本があるのは僕にとって大きな誇りだよ」というあの方の声を聞いたような気がしたのです。

そして私は強く誓いました。

「同じような思いを抱いている方々の力になりたい」と。

--------------------------

集文社の最終目標は「子どももお母さんも常に笑いあっている世の中をつくること」
自費出版 絵本講座 ペーパークラフト をサポートしています!

【 絵本作家 になりたい 50 】

【 絵本作家 になりたい 50 】

昨日は、久しぶりに園に呼ばれて千葉県まで読み聞かせに行って来ました。

その保育園はまだ出来たばかりで園児数38名、そのうち2歳児8名を相手に15分、3・4歳児13名を相手に20分読み聞かせしました。

園長先生は「子どもたち落ち着きがないから」と言っておられましたが、ほとんどの子が最後まで集中して聞いてくれ園長先生もご満悦でした。

意外と好評だったのが『へんなかお』(大森裕子/作 白泉社/刊)、改めて読み聞かせは選書が肝心と知らさせました。

【 絵本にはまだまだ秘められたポテンシャルがある 】 



*********************

「えほんみち」は、あなたを絵本作家にする

最短距離を教えます。http://ehonmichi.com/

絵本作家への最短の道・自費出版サポートします|集文社
http://shubunsha.net/news/pubulish/

*********************

【 絵本作家 になりたい 49 】

【 絵本作家 になりたい 49 】

先日『あるかしら書店』(ポプラ社)の刊行記念として神保町のブックハウスカフェで行われた、ヨシタケシンスケさんと金柿秀幸さんの対談を聞いてきました。

お2人共大変リラックスしておられトークも滑らかで、特にヨシタケさんは制作方法までお話し下さいました。

ヨシタケさん曰くご本人はいたって真面目な方なのだそうですが、あのようなユニークな作品を多数発表することが出来るのには秘策があるのでした。

そのあたりの詳しい内容は絵本講座の中でお伝えいたします。

【 絵本にはまだまだ秘められたポテンシャルがある 】 



*********************

「えほんみち」は、あなたを絵本作家にする

最短距離を教えます。http://ehonmichi.com/

絵本作家への最短の道・自費出版サポートします|集文社
http://shubunsha.net/news/pubulish/

*********************

【 絵本作家 になりたい 48 】

【 絵本作家 になりたい 48 】

表参道にあるピンポイントギャラリーでは毎年ピンポイント絵本コンペを開催され、ひがしちからさんやおくはらゆめさんらがメジャーデビューするきっかけを得ています。

この絵本業界で注目される今年の第18回ピンポイント絵本コンペの最優秀作品は、かねこまきさんの『せみねんぶつ』でした。

かねこまきさんは3年前の第1回絵本オーディションにご応募くださった方で、僕の厳しい講評をしっかりと受け止めて下さった結果だと思われます。

新しい絵本作家の誕生に少しでもかかわれたのだとしたらこんなに嬉しい事はありません。

【 絵本にはまだまだ秘められたポテンシャルがある 】 



*********************

「えほんみち」は、あなたを絵本作家にする

最短距離を教えます。http://ehonmichi.com/

絵本作家への最短の道・自費出版サポートします|集文社
http://shubunsha.net/news/pubulish/

*********************

【 絵本作家 になりたい 47 】

【 絵本作家 になりたい 47 】

五味太郎さんは講演でよく「僕はチルドレンズブックを作っているのではない、ピクチャーブックを作っているんだ」とおっしゃいます。

どちらも日本語に訳せば「絵本」なのですが、この言葉の違いを理解出来ているかどうかの差は大きいです。

実は世界的に見ても絵本をチルドレンズブックと捉えている人は多く、ボローニヤのブックフェアもチルドレンズブックです。

どうやらこの意識改革は、日本発で世界に拡げていく必要がありそうです。 (五味太郎絵本図録 青幻社)

【 絵本にはまだまだ秘められたポテンシャルがある 】 



*********************

「えほんみち」は、あなたを絵本作家にする

最短距離を教えます。http://ehonmichi.com/

絵本作家への最短の道・自費出版サポートします|集文社
http://shubunsha.net/news/pubulish/

*********************

【 絵本作家 になりたい 46 】

【 絵本作家 になりたい 46 】

講演会などで質疑応答の際に、質問がまとまっておらず自分の話ばかりしてなかなか質問内容に行きつかない方がいて、うんざりする事があります。

なぜそういう人が多いのか考えた時に思い当たるのは、記憶力競争ばかりで自分の考えを発表する練習をしてこなかった日本の教育にせいではないか、という事です。

これは絵本を描く時にも大事なことで、自分はこの作品で何を表現したいか何を伝えたいかがまとまっていないうちに描き始めてしまったような作品を多く見かけます。

そんな方には、学校が奨励する勉強ではなく自発的な学習が重要と訴えている五味太郎さんの『勉強しなければだいじょうぶ』(集文社)をご一読される事をおすすめします。。

【 絵本にはまだまだ秘められたポテンシャルがある 】 



*********************

「えほんみち」は、あなたを絵本作家にする

最短距離を教えます。http://ehonmichi.com/

絵本作家への最短の道・自費出版サポートします|集文社
http://shubunsha.net/news/pubulish/

*********************