【 絵本作家になるには 37 】

【 絵本作家になるには 37 】

『もこもこもこ』(谷川俊太郎/文 元永定正/絵 文研出版/刊)を1人で黙読した時は、この絵本がなぜ人気なのかわかりませんでした。

しかし他の人に読み聞かせしてもらった時、この絵本の魅力がわかったのでした。

そして僕は気がつきました「絵本は音読するものなのだ」と。

僕に大事な事を教えてくれた絵本です。

【 絵本にはまだまだ秘められたポテンシャルがある 】 



*********************

「えほんみち」は、あなたを絵本作家にする

最短距離を教えます。http://ehonmichi.com/

絵本作家への最短の道・自費出版サポートします|集文社
http://shubunsha.net/news/pubulish/

*********************

【 絵本作家になるには 36 】

【 絵本作家になるには 36 】

岩田明子さんのいらっしゃるところで岩田さんの『とんねるとんねる』(大日本図書)を読み聞かせした事がありました。

読み聞かせが終わったあと岩田さんから「ああいう風に読んだらいいのね」と言われ、とても嬉しかった覚えがあります。

その絵本の魅力を一番引き出せるのは作家自身とは限らないのです。

【 絵本にはまだまだ秘められたポテンシャルがある 】 



*********************

「えほんみち」は、あなたを絵本作家にする

最短距離を教えます。http://ehonmichi.com/

絵本作家への最短の道・自費出版サポートします|集文社
http://shubunsha.net/news/pubulish/

*********************

【 絵本作家になるには 35 】

【 絵本作家になるには 35 】

読み聞かせに仕掛け絵本は向かない、歌う絵本は後半で読んだ方がいい、などと言う人がいます。

僕は読み聞かせでは歌う仕掛け本『しあわせならてをたたこう』(デビッドAカーター/作 大日本絵画/刊)をまず最初に読みます。

この絵本で子どもたちを集め一体感を作ります。

おかげで子どもたちが付けてくれた僕のあだ名が「しあわせのおじちゃん」でした。

【 絵本にはまだまだ秘められたポテンシャルがある 】 



*********************

「えほんみち」は、あなたを絵本作家にする

最短距離を教えます。http://ehonmichi.com/

絵本作家への最短の道・自費出版サポートします|集文社
http://shubunsha.net/news/pubulish/

*********************

【 絵本作家になるには 34 】

【 絵本作家になるには 34 】

僕は絵本作家志望者には常々、4歳から100歳までを魅了する絵本を目指して欲しいと言って来ました。

先日の読み聞かせの時も、終わってから60代くらいのご婦人から「読んでいただいた絵本は全て面白かったけど特に『イカタコつるつる』が気に入ったわ」と声をかけていただきとても嬉しかったです。

『イカタコつるつる』長新太/作 講談社/刊

【 絵本にはまだまだ秘められたポテンシャルがある 】 



*********************

「えほんみち」は、あなたを絵本作家にする

最短距離を教えます。http://ehonmichi.com/

自費出版サポートします|集文社
http://shubunsha.net/news/pubulish/

*********************

【 絵本作家 になりたい 33 】

【 絵本作家 になりたい 33 】

5月3日の上野の森親子フェスタに続き、5月14日(日)には「子育て応援イベント色鳥の森フェスタ」で絵本の読み聞かせをします。

今回は、お父さんの読み聞かせを意識した絵本の選書をします。

会場は中野駅から徒歩数分の桃園会館で午前10時半からですので、ご都合のつく方是非お越しください。

http://irodorinomorifesta.com/

【 絵本にはまだまだ秘められたポテンシャルがある 】 



*********************

「えほんみち」は、あなたを絵本作家にする

最短距離を教えます。http://ehonmichi.com/

自費出版サポートします|集文社
http://shubunsha.net/news/pubulish/

*********************

【 絵本作家になるには 32 】

【 絵本作家になるには 32 】

第3回新人絵本オーディションにご応募の皆様へ

3月22日に開催しました「第3回新人絵本オーディション」にご応募の皆様、作品に講評を付けてご返送申しあげるのが遅くなっており申し訳ありません。
これは当初予定に無かった「最優秀絵本賞」と「敢闘賞」を新たに設けることにし、その選考に時間がかかったためです。
今週中には発送を完了する予定ですので、今しばらくお待ちください。

「第3回えほんみち絵本講座」受け付け中

昨年、対面講座と通信講座合わせて32名のお申し込みをいただいた「第2回えほんみち絵本講座」は「絵本の見方が変わった!」「もっと受講していたかった!」「次回も受講したい!」と大変好評をいただきました。
その「えほんみち絵本講座」の第3回の受け付けはすでに始まっており、積極的なお問い合わせが来ております。 対面講座は7月から12月までの第1火曜日と第3火曜日の午後7時から、場所は表参道です。
通信講座は対面講座の約1週間後に動画をお送りいたします。
対面、通信ともに定員がございますのでお早めにお申し込みください。

― 第3回えほんみち絵本講座概要 ―

<募集人数> 対面講座30名 通信講座30名
<募集期間> 2017年4月19日~6月30日
<受講資格> 対面講座 7月から12月までの第1火曜日と第3火曜日の午後7時から。
       通信講座 動画をインターネットで見られる環境が必要
<対面講座会場> 表参道ビジネスフォーラム
  東京都港区南青山5-6-24 南青山ステラハウス7 階
<課題提出> 毎回独自の課題が出され、次回までに提出する。
<受講料> 60,000円(税込)

<応募方法> 氏名(フリガナ)・性別・年齢・住所・電話番号・FAX番号・メールアドレスを、メールかFAXか郵送で連絡の後、指定の銀行口座に受講料を振り込んでください。

主催 株式会社 東京ブックサポート 代表 早川裕
   〒182-0022 東京都調布市国領町4-13-30-201
   FAX:042-488-8361 e-mail:ehonmichi@gmail.com

【 絵本にはまだまだ秘められたポテンシャルがある 】 



*********************

「えほんみち」は、あなたを絵本作家にする

最短距離を教えます。http://ehonmichi.com/

自費出版サポートします|集文社
http://shubunsha.net/news/pubulish/

*********************

【 絵本作家になるには 31 】

【 絵本作家になるには 31 】

「絵本の自費出版はするな」と言っていた私が、絵本の自費出版企画をはじめたわけ。

絵本の自費出版と言うと、名ばかりのコンテストに応募して来た作品を褒めちぎり、作品を磨き上げることなくそのまま絵本にして高いお金をまきあげる、そんなイメージがあります。それによりその後何か良い事があるのならまだしも、99%の方は絵本業界の誰にも相手にされず「高いローンが残っただけ」だったりします。

ですから私は「絵本の自費出版はするな」と言い続けてきました。

その一方で、私が毎年開催している「新人絵本オーディション」には「一生に1冊で良いので絵本を出版するのが夢なんです」と30年前に製作した絵本を応募をして来られる方が少なくありません。作品を拝見する限り30年の間にブラッシュアップして来た形跡はありません。

正直言ってその方が今から1人でどう頑張っても作品が出版される事はまずないことが想像できてしまいます。

しかし、絵本作家志望者たちと絵本制作のワークショップをしている私が、その方に個別指導して作品を磨き上げたら、出版に耐えられる作品にして差し上げられるはずです。

その作品を集文社で出版したらどこかの編集者の目に留まる可能性だって出てきます。そんな思いで始めたのが「絵本出版・支援企画」です。絵本の指導のみならずアフターフォローもバッチリです。

ご自身の肩書に堂々と「絵本作家」と書ける日を夢見ている方、是非お問い合わせください。

【 絵本にはまだまだ秘められたポテンシャルがある 】 



*********************

「えほんみち」は、あなたを絵本作家にする

最短距離を教えます。http://ehonmichi.com/

自費出版サポートします|集文社
http://shubunsha.net/news/pubulish/

*********************

【 絵本作家になるには 30 】

【 絵本作家になるには 30 】

【 私が『新人絵本オーディション』や『絵本講座』を企画するようになったわけ 】

読み聞かせするのは自分が面白いと思った絵本だけと決めて活動しているうち、なかなかレパートリーが増えないという悩みが出てきました。

そこで「日本のどこかに埋もれている絵本の天才がいるはず」と思い『新人絵本オーディション』を始めました。 しかし応募作品は絵本の事をわかっていない人が作った絵本ばかり。これでは絵本業界の将来が危ういと感じ『絵本講座』を始めたのです。

お蔭さまで昨年の絵本講座は「絵本の見方が変わった!」「絵本を学び直す事が出来た!」「また受講したい!」と大変好評をいただきました。

今年の講師陣は、絵本出版社の編集長が4名、絵本作家が2名、絵本の文章作家が1名、いずれも第一線で活躍されている方ばかりです。

パンフが出来ましたのでご請求下さい。

― 第3回えほんみち絵本講座概要 ―

<募集人数> 対面講座30名 通信講座30名
  <募集期間> 2017年4月19日~6月30日
  <受講資格>
  ・対面講座 7月~12月の第1・第3火曜日の午後7時から。
  ・通信講座 動画をインターネットで見られる環境が必要。
  <対面講座会場>
   表参道ビジネスフォーラム
   東京都港区南青山5-6-24 南青山ステラハウス7 階
  <課題提出> 毎回独自の課題が出され、次回までに提出。
  <受講料> 60,000円(税込)
 

<応募方法>  ・氏名(フリガナ)・性別・年齢・住所・電話番号・FAX番号・メールアドレスを、メールかFAXか郵送で連絡の後、指定の銀行口座に受講料を振り込んでください。

・主催 株式会社 東京ブックサポート 代表 早川裕
     〒182-0022 東京都調布市国領町4-13-30-201
     FAX:042-488-8361 e-mail:ehonmichi@gmail.com

【 絵本にはまだまだ秘められたポテンシャルがある 】 



*********************

「えほんみち」は、あなたを絵本作家にする

最短距離を教えます。http://ehonmichi.com/

自費出版サポートします|集文社
http://shubunsha.net/news/pubulish/

*********************

【 絵本作家 になりたい 32 】

【 絵本作家 になりたい 32 】

海外の絵本作家で今後が期待される1人に『どこいったん』(クレヨンハウス)の作者ジョン・クラッセンがいます。

この絵本はたくさんの国で翻訳され出版されていますが、ジョン・クラッセンさんは日本のものが一番好きだとおっしゃっていました。

それは「日本の印刷製本がすぐれている事とデザインの神経が細部にまで及んでいるから」なのだそうです。

【 絵本にはまだまだ秘められたポテンシャルがある 】 



*********************

「えほんみち」は、あなたを絵本作家にする

最短距離を教えます。http://ehonmichi.com/

自費出版サポートします|集文社
http://shubunsha.net/news/pubulish/

*********************

【 絵本作家 になりたい 31 】

【 絵本作家 になりたい 31 】

僕は海外の絵本作家の中で、読み聞かせしたくなる作品はあまり多くないのですが、ジョン・バーミンガムの絵本は大好きでよく読みます。

その中でもオススメは『いつもちこくのおとこのこ―ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー』(あかね書房)。

何度も読んでいるうちに「この男の子は子ども時代のバーミンガムに違いない!」と思えてきました。

【 絵本にはまだまだ秘められたポテンシャルがある 】 



*********************

「えほんみち」は、あなたを絵本作家にする

最短距離を教えます。http://ehonmichi.com/

自費出版サポートします|集文社
http://shubunsha.net/news/pubulish/

*********************